そっか、インフラ屋ってあれなんだ

インフラ屋?

 IT業界とか言われる場所で、「インフラ屋」とか呼ばれる人々が居る。

 自分の前職がそうだ。会社によって指す職域が違うみたいなんだけど、広く考えるとサーバ機やネットワーク機やクライアント機を選ぶ人 + それらを設置する人 + ネットワークの構築 + サーバ・クライアントへのOSのインストール?利用環境構築 + 運用監視、辺りの分野が「インフラ」と呼ばれているようだ*1

インフラ屋は配膳のプロ?

 ところで最近、自分はプログラマになろうとしている。この転職を両親とかに説明する時、「前の仕事とどう違うの」と言われてちょっと考えた。以前はインフラや開発といった仕事を料理に例えてこんな風に言っていた。

 流れ作業で料理を作るって言うとさ、良く知らない人は料理人を思い浮かべるでしょ?でも実際は、料理を作る人、皿を運ぶ人、皿やフライパンを洗う人、ぐらいは居るわけじゃない。

 インフラ屋は皿を運ぶのと、皿やフライパンを洗う仕事。まあレトルト買ってきて出すことの方が多いから、「レンジでチン」のプロでもあるけど。

 これはこれで気に入ってはいる。

何か違う

 ・・でも何か違う気がするんだよね。特にさ、「インフラ」ってイメージ無いじゃん。料理を作る基盤ではあるんだけど、なんていうかこう、「インフラ」ってイメージ無いじゃん。やっぱこう、電気とかガスとかさ・・。

インフラ屋はアレなんだ

 結局水道が一番良い例えなんだ、と思いついたのはつい最近。インフラ屋のやることって配管工だもの。

 地面に埋める水道管も、ご家庭の蛇口も、製造するのは他の人*2。インフラ屋はどの水道管や蛇口を使うか選んで、実際に埋める取り付けるメンテする。多少芸術的な形の蛇口でも、戸棚をどけたりして何とか取り付ける*3。水が出なかったら直るまで穴の中

 で、「配管工なら腕力あるから戦ってね」とか違う事やらされて、ドーピングしたり、火の玉投げたり、謎の生物がお友達になったりする。

 判るかい。インフラ屋はスーパーマリオだっ!*4

*1:こう並べるとバラバラに見えるけど、実際やってみるとかなり繋がった分野なんだよね、これら。一箇所にお任せしやすいというか。

*2:LinuxもWindowsもOracleもMySQLもApacheもBINDも作ったのは全部プログラマ。ハードウェアを作ったのはそっちのエンジニアや工場の人。

*3:「運用で回避」と言う。

*4:世界一有名な配管工。


Leave a comment

Your comment

*