CentOS 4.4にWordPressをのっけてみる。

前提

MySQL設定

# mysql -u root
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 4 to server version: 4.1.20

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.
mysql> set password for root@localhost=password('ROOT-PASSWD');
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

mysql> drop database test;
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

mysql> CREATE DATABASE wordpressDB;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON wordpressDB.* TO "wordpressUserName"@"HostName" IDENTIFIED BY "Password";
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> flush privileges;

mysql> exit

WordPress多言語版ダウンロード

最新版

cd /tmp
wget http://keihanna.dl.sourceforge.jp/wordpress/23479/wordpress-me206.zip
unzip wordpress-me206.zip

WordPress初期設定

解凍して出てきたwordpress-meディレクトリを好みの場所へmv♪

・・・その後。

cd wordpress-me206
mv wp-config-sample.php wp-config.php
vi wp-config.php

wp-config.phpをこんなふうに↓

<?php
mb_language("Japanese");
mb_internal_encoding("<span style="font-weight:bold;">UTF-8</span>");

define('DB_NAME', '<span style="font-style:italic;">wordpressDB</span>');    // The name of the database
define('DB_USER', '<span style="font-style:italic;">wordpressUserName</span>');     // Your MySQL username
define('DB_PASSWORD', '<span style="font-style:italic;">Password</span>'); // ...and password
define('DB_HOST', '<span style="font-style:italic;">HostName</span>');    // 99% chance you won't need to change this value

$table_prefix  = 'wp_';   // Only numbers, letters, and underscores please!

define ('WPLANG', '<span style="font-weight:bold;">ja_UTF</span>');

define('ABSPATH', dirname(__FILE__).'/');
require_once(ABSPATH.'wp-settings.php');
?>


ここまでで動作はするようになる。

ただし、

setenforce 0….

SELinux環境下で公開する。

wordpressのディレクトリを、/var/www/ディレクトリ以下に置いた場合の話。

#restorecon -R /var/www

httpd_tドメインから読み書き可能になる。

ということは、Apacheの権限奪われたらサイト改竄ですがー・・現状だとしょうがない。

(ぽりしー?に従って初期化されるだけなので、SELinuxの設定によっては、これでは駄目。)

とりあえず、SELinuxを戻す。

setenforce 1

(2006/01/15に加筆。匿名希望さん、ありがとうございました)

これでも動かない場合があるので、その場合は何が引っかかるのか調べる。

SELinux関連のログ
/var/log/audit/audit.log または /var/log/messages

良く使うコマンド
audit2allow

この辺で調べるとし合わせになれる。

2011/09加筆


Comments (2)

匿名希望1月 11th, 2007 at 08:54:58

>SELinux環境下で公開する。
すぐ上の行で setenforce 0 とか言ってますけど setenforce 1 に戻すのを忘れないでくださいね。

Ayas1月 15th, 2007 at 04:23:26

おっと、ありがとうございます。
追記しますー。

Leave a comment

Your comment

*