Synergyを使った話

Synergy何それ?

・マウスとキーボードを共有できるツール。

公式サイトよりの引用

Synergy is open source and released under the GNU Public License (GPL).

System Requirements

* Microsoft Windows 95, Windows 98, Windows Me (the Windows 95 family)

* Microsoft Windows NT, Windows 2000, Windows XP (the Windows NT family)

* Mac OS X 10.2 or higher

* Unix

o X Windows version 11 revision 4 or up

o XTEST extension

(use “xdpyinfo | grep XTEST” to check for XTEST)

All systems must support TCP/IP networking.

“Unix” includes Linux, Solaris, Irix and other variants. Synergy has only been extensively tested on Linux and may not work completely or at all on other versions of Unix. Patches are welcome (including patches that package binaries) at the patches page.

英検5級な人による要約

・SynergyはGPLライセンス。

・対応OSは、Windows, Max OS X, Unix(Linux, Solaris, Irixその他を含む)

・主にLinuxでテストしてるので、他のUnixでは完璧には動かないかも。

 (それについてのパッチ歓迎。バイナリなパッチでも。)

・各マシンはTCP/IPでつながってないと駄目ですよ。

今回試した環境(Ubuntu環境について下に追記)

・LinuxデスクトップのマウスとキーボードをWindowsと共有

・Linux(Fedora Core 6)がサーバ。マウスとキーボードが繋がっているマシン。

・Windowsがクライアント。

・LinuxマシンをFC6host, WindowsマシンをWin2khostとする

準備

1.それぞれのマシンのhostsファイルに、互いの名前を登録しておく。

2.それぞれのマシンのFireWallで、使用するポートを開放しておく(デフォルトは24800/tcp)

インストールと設定

#yum -y install synergy

#vi /etc/synergy.conf

新規作成。以下のように書く。
section: screens
	fc6host:
	win2khost:
end
section: links
	fc6host:
		right = win2khost
	win2khost:
		left  = fc6host
end
以上

あとは、

$synergy

とすると、コンソールで走り始める。

Windows側の設定は、勘で。

判らなかったら、「参考」のサイト通りで。

Ubuntuの場合

FedoraCore LinuxのマシンをUbuntuに換えた場合、どんな差が生じるか。

  1. インストールはyumではなくapt-getで。(パッケージ管理変わりますから。
  2. Synergyサーバの起動コマンドが”synergy”ではなく”synergys”

参考

参考というか、ほとんどそのまま使わせていただいたサイト一覧。

b:id:Ayas:t:synergy

感想

軽い。マウスポインタが2つのモニタの間を行ったり来たりするわけだけど、切替え自体は一瞬。ただしポインタの表示は、Windows側では1秒ほど経ってから表示される。つまりWindows側へポインタを移した直後に右クリックしたとすると、ポインタはまだ表示されてないけど、ポインタがあるはずの場所で右クリックした時の反応が即出る。

反応速度も良好で(ネットワークに負荷が掛かってなければ)シューティングゲームがまともにプレイできる。


Leave a comment

Your comment

*