Unix系OSを、シングルユーザモードで起動する方法のまとめ

書いたもの
LILO, GRUB, FreeBSD, NetBSD(i386), Solaris, HP-UX
LILO, GRUB以外はやったこと無いので不安。

ブートローダ:LILO
テキストモードで

boot: linux single

ブートローダ:GRUB

GRUBでは、最初の画面が表示されたところで[E]キーを押す。複数のOSが登録されている場合は、起動したいOSを選択してから[E]キーを押す。

 選択したOSの起動コマンドが表示されるので、「kernel?」の行を選択して、再び[E]キーを押す。
OSの起動コマンド画面。「kernel?」の行を選択して[E]キーを押す

 起動コマンドの編集画面になるので、コマンドの末尾に「 single」(先頭にスペースを入れる)と入力して[Enter]キーを押す。
起動コマンドの編集画面。末尾に「 single」と入力して[Enter]キーを押す

 すると、先ほどの起動コマンド画面に戻る。「kernel?」の行末に「 single」が追加されていることを確認したら[b]キーを押す。これで、シングルユーザーモードによる起動が始まる。

@IT:シングルユーザーモードで起動するには (2008-02-17)

Solaris

boot -s

FreeBSD

ブート時にシングルユーザモードに移行するには、電源を入れ、Boot:という画面が出たらすぐに、-sと入力します。 少しでも入力が遅れると、自動起動してしまいます。 また、ESCなどの特殊文字を入力すると、シングルユーザモードにはなりませんので、注意が必要です。

Boot: -s

緊急時のブート方法 (2008-02-17)

NetBSD

boot netbsd -s

  でもport(i386とかSPARCとか?)によって違うらしい。良く判らない。
  参考:NetBSD でシングルユーザーモードを使う

HP-UX HP 9000 サーバー

1.シングルユーザーモードで HP-UX をブートしたい nPartition の BCH メインメニューにアクセスします。

サービスプロセッサ (MP または GSP) にログインし、CO と入力して Console リストにアクセスします。nPartition コンソールを選択します。コンソールにアクセスするとき、BCH メインメニュー (Main Menu: Enter command or menu> プロンプト) にいることを確認します。メインメニュー以外の BCH メニューにいる場合は、MA と入力して BCH メインメニューに戻ります。

2.BCH インタフェースで、BOOT コマンドを使って希望のデバイスをブートし、ブートする前の ISL プロンプトで nPartition が停止するように指定します (“stop at the ISL prompt” という質問に y と応答)。

3.ISL プロンプトで、適切なセカンダリシステムローダー (hpux) コマンドを発行して HP-UX カーネルを希望のモードでブートします。

hpux ローダーを使ってブートモードオプションと、nPartition にブートするカーネル (/stand/vmunix など) を指定します。

*HP-UX をシングルユーザーモードでブートする場合
ISL> hpux -is boot /stand/vmunix

*HP-UX をデフォルトの実行レベルでブートする場合
ISL> hpux boot /stand/vmunix

ISL プロンプトを終了して BCH インタフェースに戻るには、上記の hpux ローダーコマンドのいずれかを指定するのではなく、EXIT コマンドを発行します。

4.コンソールおよびサービスプロセッサインタフェースを終了します。

BCH 環境を終了するには、^B ([Control-B]) を押します。これで、nPartition コンソールが終了し、サービスプロセッサのメインメニューに戻ります。サービスプロセッサを終了するには、メインメニューで X と入力します。

HP-UX のブート (2008-02-17)

HP-UX HP Integrity サーバー

1.HP-UX をシングルユーザーモードでブートしたい nPartition の EFI シェル環境にアクセスします。

サービスプロセッサ MP または GSP にログインし、CO と入力して Console リストにアクセスします。nPartition コンソールを選択します。

コンソールにアクセスするとき、EFI ブートマネージャメニュー メイン EFI メニュー にいることを確認します。別の EFI メニューにいる場合は、サブメニューの [Exit] オプションを選択して EFI Boot Manager という見出しの画面まで戻ります。

EFI ブートマネージャメニューで、[EFI Shell] メニューオプションを選択して EFI シェル環境にアクセスします。

2.デバイス ここから HP-UX をブートする の EFI システムパーティション fsX: X はファイルシステム番号 にアクセスします。

3.希望するブートデバイスの EFI システムパーティションにアクセスするには、HPUX コマンドを発行して選択したデバイスの EFI HPUX HPUX.EFI ローダーを呼び出します。

4.HP-UX ブートプロセスの中断用に設けてある 10 秒の間に任意のキーを押して、HP-UX ブートローダーのプロンプト HPUX> までブートします。 次のステップで、HPUX.EFI ローダーを使って HP-UX をシングルユーザーモードでブートします。

何かキーを押すと、HPUX.EFI インタフェース HP-UX ブートローダープロンプトの HPUX> が表示されます。HPUX.EFI ローダーの使用方法に関するヘルプを表示させるには、help コマンドを入力します。EFI シェルに戻るには、exit と入力します。

5.HPUX.EFI インタフェース (HP-UX ブートローダーのプロンプト HPUX>) で boot -is vmunix コマンドを入力し、HP-UX (/stand/vmunix カーネル) をシングルユーザー (-is) モードでブートします。

6.コンソールおよびサービスプロセッサインタフェースを終了します。

EFI 環境を終了するには、^B ([Control-B]) を押します。これで、nPartition コンソールが終了し、サービスプロセッサのメインメニューに戻ります。サービスプロセッサを終了するには、メインメニューで X と入力します。

HP-UX のブート (2008-02-17)

最後にHP-UX。実物に触ったことがないので、正直何が書いてあるのか良く判らない。


Comments (2)

Ayas置き場2月 9th, 2009 at 11:45:22

シングルユーザーモード何回調べてんだ?…

いや、掲題の通りなんだけどね。
このブログ、アクセスは少ないもののゼロではなくて、その理由の一端が「シングルユーザーモード Unix」なんですよ。
この記事ね >> U (more…)

匿名2月 8th, 2011 at 09:32:21

HP-UX HP Integrity サーバー
助かりました。

Leave a comment

Your comment

*