Trello のカードに繰り返しを設定する、ことはできないので

IFTTT、ではなくzapierを利用することにした。

繰り返しには Google カレンダー を使う。
IFTTT の方は1ユーザーにつき1つのカレンダーしか連携できないが、Zapierはレシピ毎に選べる。

登録についても大きな差がある。
IFTTT の方が勝っているのは、Trello のラベル名を指定できる点だ。ラベルに名前を付けておき、それを例えば「説明」としてカレンダーに記述し、カード作成のテンプレートでラベルに{{description}}を指定すればそのラベルが付いた状態でカードが作成できる。レシピの数や実行回数の制限がゆるい(失敗もあるらしい?)ところもよい。どこで金稼いでるんだ、といつも思うが、未だ本気出してないっぽい。

Zapierが勝る点はまず、Due Date つまり期日を入れたカードを作れるところ。次にカード名に日時を登録するときに24時間制での表記ができること。チェックリストとその項目が作れること。あとはなんだ、、とにかくほぼ全面的に上。ラベルについては色名指定しかできないが、ここにちょっとした罠がある。

実は Trello のラベルはラベル名とは別に色名を持てるようで、Zapier で green としてラベルを指定しておけば(たとえ他の名前であっても)緑のラベルが貼れる。ちなみに Trellow で手動でラベルを張る際も、検索欄に「gre」まで入れた時点で緑のラベルが残る。マニュアルに書いてありそうな気がするがもう一度読む気はないので詳しくはしらぬ。

それとレシピ数はもちろん Task にも上限がある。Task とはレシピを実行して発動した回数のようで、例えばカレンダーを調べて Trello にカードを作るなら、カードを作った数がTaskになるっぽい。っぽい。無料枠は100なので、かなり限定的。

とりあえず、ここまでをメモ。

焼き浸し的なもの

元レシピ => フライパンでつくる揚げない「なすの煮浸し」 | あさこ食堂

  1. だし汁 1.5カップ => めんどいので煮干数匹を入れたマグカップに300ccの熱湯を注いで放置
    しょう油 大さじ3
    みりん 大さじ2
    砂糖 小さじ2と半分(適当)
    野菜を焼いてる間に、これらを合わせておく。
  2. ナス、ししとう、育ちすぎたきゅうりなどを、焼き浸し的な切り方をして、皮を下にしてフライパンでしばらく焼く。
  3. ナスは皮がきれいな色になったら、きゅうりは皮に焼き色がついたら裏返す。
  4. 好みの硬さになったら、合わせておいた調味料の中に入れていく。きゅうりは「曲がりやすくなったかな?」くらいでも良い。
  5. すべて焼けたら、一度まとめてフライパンに戻し5分ほど中火で煮る。
  6. 冷めたら容器に移して冷蔵庫へ。
  7. 6時間くらい置いて完成。

※きゅうりは皮に箸を2cm置きくらいに刺して穴を空けておくと良い。

『自炊する人のやさしい料理』なる本が出てきた


リサイクルショップで買い取ったものと思われる。初版発行が1979年11月と古いこともあってなかなか面白い。

まず電子レンジが登場しない。「買っておくと便利なもの」としてガスコンロや炊飯器、オーブントースターまで紹介されているが、レンジのレの字もない。まさか発売前なのかと適当に調べると…

Read the rest of this entry »

PSO2 EP3 対応(仮)のスキルシミュレーターを作った

タイトル通り。
どうせ細々変わるだろうから妄想用にどうぞ。

PSO2 Skill Simulator

Update status under Twitter API v1.1 using tmhOauth

Before ( API 1 )

function update($text)
{
	$this->twitter->request('POST', $this->twitter->url('1/statuses/update'), array(
		'status' => $text
	), true, false);
	return $this->isSucceeded();
}

After ( API 1.1 )

function update($text)
{
	$this->twitter->request('POST', $this->twitter->url('1.1/statuses/update'), array(
		'status' => $text
	), true, false);
	return $this->isSucceeded();
}

ref. REST API v1.1 Resources | Twitter Developers

←Older